NEWS

74


本日、毎日新聞全国紙「くらしナビ」というコーナーにVIGLOWAが紹介されました。「クリスマスパーティ、室内を飾るには」というテーマでMEG建築設計事務所(神戸市)の建築士、矢代恵さんの「ホームパーティーを開く時、住まいでどのような工夫ができるか」という記事が書かれていてVIGLOWAが目指している世界観とまったくぴったりだと思いました。+αという小さなコーナーですが、機会があったら気に留めて見てくださいね。毎日新聞社から、電話で取材を受けいろいろ話をしているうちに「こういうギャラリーがないですよね?」と言われました。もっと、アートを部屋に飾るという視点で提案していけたらと思います。毎日新聞jpでもご覧いただけます。

毎日新聞jpはこちら。






アートを飾る小さなスペースとして、前回はトイレを例にあげました。
次にお勧めするのは、玄関です。
家から外に出る時、最後に目にする、
外から帰ってきた時、最初に目にするところ。
そしてやってきた人をお迎えするところ。
いわばその家の顔のような場所です。

そこに、どんなものがほしいですか?
帰って来たとき、ほっとできるようなもの?
それとも、ぱっと明るくなるようなものでしょうか。
一人暮らしなら、毎日「行ってきます」と「ただいま」の挨拶をする相手、
そんな観点で選んでみるのもよいかもしれません。

リビングのように長い時間を過ごす場所ではないので、
多少インパクトの強いものでも、飽きずに飾ることができると思います。
少し強めの印象があるものは、魔除けのような役割をはたし、
さながらパワースポットのようなコーナーの出来上がり。

また、玄関は靴や傘などで汚れてしまいがちですが、
アートを飾ることによって、
その周辺を綺麗に保つようになる、という効果もあるようです。
玄関が綺麗だと、家の中にもよい運気が入ってきそうですね!


by Staff


VIGLOWA SHOPでは、クリスマスギフト用にラッピングサービスを無料で承ります。Christmas Gift Selectionはもちろん、他のアートもラッピングいたします。e-mailでメッセージを送っていただければ、VIGLOWAオリジナルクリスマスカードに印字して、ラッピングの中に入れてお送りします。文字数は、100文字まで。







はじめてアートを買うのであれば、まずはひとつ小さなものを買って、
小さなスペースを飾ることから考えてみてはいかがでしょうか。
リビングなど広いスペースに大きいアートを飾るのはとても素敵ですが、
はじめての場合、少し勇気がいるかもしれません。
小さな作品は買いやすい価格のものが多いですし、
気軽な気持ちで飾れるかと思います。
そうしてまずは、アートのある毎日に慣れることから。

では、どこに飾りましょうか?
おすすめする場所、まず一つ目はトイレや洗面所です。
リビングやダイニングなどに比べたら、
トイレは比較的、物が少なくすっきりしていますよね?
つまり、ちょっと何かがあったら、とても映えるのです。

トイレは毎日必ず入る、プライベートな空間。
過ごす時間は少なくても、リラックスとリフレッシュに大切なスペースです。
そこに自分のお気に入りのアートがあったなら、
これまで以上に落ち着くスペースになりそうですね。
ほっとひと息ついて、何かよいアイディアも浮かんでくるかもしれません。

また、トイレはプライベート空間とはいえ、
来客があった際には、お客様の目にふれることもあります。
トイレが素敵だととても行き届いた印象になりますし、
気持ちよく使ってもらえますね。

色の強いラグなどが他にないならば、カラフルな作品もよいでしょう。
また、小さな作品を連続して複数飾るのもおすすめです。

アートを飾る場所なんてない!と思っていたはずが、
こんなに狭いところでも楽しめてしまうんだ、と驚かれると思います。


by Staff


ギャラリーヴィグロワでは、クリスマス用のイメージ写真を撮影しました。今までプレーンなフレームが多かったのですが、少しエレガントで温かみのあるゴールドやシャイニーなフレームもラインナップに加えて行こうと思います。






目黒のインテリアショップkarf+VIGLOWA+松田奈那子のコラボが掲載されました。karfは、オリジナル家具を中心に、デンマークの中古家具の再生、オーダーメード、雑貨、照明、インドアグリーンまで、トータルにライフスタイルを提案しているインテリアショップです。 AVボード「PLATT(プラット)」と、パイオニアから発表されたばかりの3.1chサラウンドシステム「HTP-SB550」をコーディネートされた、その魅力が紹介されています。落ち着いた空間の中に松田奈那子のほのぼのした油彩画がシックな中にもリラックス効果が演出されています。ホワイトキューブのギャラリーに展示してあるのとは違い、インテリアの中に置かれた松田奈那子の絵画は、どのようにアートを飾れば良いのか?実例としてもとっても参考になると思います。

パイオニアlifestyle-net.comはこちら。


ある科学者が美について興味深いことを語っています。胸の支えが、すっと降りた気分です。「美しくないものは、なにかが間違っている」と思ってはいたのですが、それをなかなか証明したり言葉に置き換えたりすることができませんでした。美しいものや心地良いものによっぽどの天の邪鬼でないかぎり、否定的な要因はないと思うのですが。以下、その科学者の言葉です。

美的感覚は、私たちが美しいものに出会ったときに共鳴する脳内音叉である。一流の科学者の多くが、美しいものにうっとりするのは、不思議なことではない。科学の研究で美が重要な役割を果たしていることは明らかなのだが、私たちはそれを信じようとしない。科学者が美について語ると、私たちはからかわれているような気がする。

科学者のデービッド・ガランダー「機械美」から。 

by Owner


先月、大阪でLIVING&DESIGNというインテリアの国際見本市が開催されました。今年の夏、当ギャラリーの展示でも評判の高かったフォトアーティスト日出真司さんの作品が、ファブリックメーカーのクリエーションバウマン大阪ショールームにて展示販売されました。日出真司のフォトアートが、カーテンやクッションカバーなどのファブリックにプリントされたりしました。アートを暮らしの中に取り入れ、ファブリックやインテリアとコーディネートができたら日々の生活が素敵になるかもしれません。









Shirokiは、現在デンマークのコペンハーゲンでアートフェアに参加中です。デンマークでは、子供のうちからアートを購入する習慣があるとのことです。子供部屋にShirokiの作品をどのように飾るのか、興味深いですね。








みなさんは、自分の家にアートを飾っていますか?
多くの方は、いいえ、と答えるかもしれません。
美術館やギャラリーに行って観ることはあっても、
自分が買って飾るとなると、ちょっと難しく感じてしまいますね。
どんなものを買って、どこにどう飾ったらいいのか。
インテリア雑誌でアートのある部屋の写真を見て、素敵だなとは思っても、
なんだか格好よすぎて気がひけてしまったり。

では、みなさんは、自分の家に何を飾っていますか?
季節の花々、旅先で撮った写真、香水のボトル、レコード、など
お気に入りの物があると、自分の部屋に対して愛着がわきますし、
何より自分がリラックスし、安らぎを感じることができます。

その「私のお気に入り」の中に、アートを加えてみてはいかがでしょう。
アートも同じように、生活空間を豊かにしてくれます。
また、心を落ち着けたり、活力を与えたり、集中力や創造力を高めたりしてくれます。
毎日の生活に、アートを取り入れてみませんか?  

by Staff


目黒通りにある、おしゃれなインテリアショップKarfで、新作家具HOLZ+松田奈那子+VIGLOWAのコラボを開催しています。 ヴィンテージ家具やオリジナル家具に囲まれて、インテリアに合わせたアートの提案をしています。店内のディスプレイは、海外で買い付けてきたものが多くとても素敵です。

期間は、10月16日(火)〜11月30日(金)まで
153-0063 東京都目黒区目黒3-10-11
tel :03-5721-3931 fax:03-5721-3932

karfのウェブサイトはこちら。







日本で開催された、IMF会議に出席されたデンマークのマルグレーテ・ヴェスタエアー副首相兼経済内務大臣)が、アーティストShirokiの作品をご覧になりたいとギャラリーヴィグロワへ大使館スタッフの方々といらっしゃいました。Shirokiが用意してあった書道の特別レッスンをお勧めしたところ、熱心にトライしてくださいました。オフの日には、ご自分で絵をお描きになり、絵画やアートを大変興味を持ち、ご自宅に飾ったりするそうです。

デンマーク副首相,danish politician




壁を上手に飾ればインテリアがランクアップする、ということは分かっていても、では、何をどんなふうに飾ればいいのか、という点で悩む人は少なくありません。茗荷谷にある「GALLERY VIGLOWA(ギャラリーヴィグロワ)」は、インテリアに馴染むかどうかを基準にアーティストを紹介しています。(くろだあきこさんの本文記事から抜粋

All About「デンマークの画家に教えてもらった上手な壁の飾り方 」


くろだあきこプロフィール
訪れたインテリアショップは海外を含め300店超。素敵なショップを厳選してご紹介。
allabout.co.jp/gm/gp/368/

◎得意分野
プチプライスで部屋の印象を良くするインテリアのランクアップ、片付けやすいリビングの作り方、ホテルライクなコーディネート術。

◎担当テーマ インテリアショップ






本日、ギャラリーヴィグロワのオンラインショップがオープンしました。
ギャラリーでは企画展を開催し展示販売を行っていますが、期間中購入を検討していたけれど、買いそびれてしまったという方もこちらからご購入いただけます。

もちろん、現物をご覧になりたい方は、ギャラリーヴィグロワのビューイングルームでじっくりと閲覧することもできます。

VIGLOWA SHOPでは、アートの販売だけではなく、アートから始める素敵ライフの情報なども発信していきたいと思っております。アートを敷居の高いものではなく、もっと生活に密着した飾り方を提案していきます。通常のギャラリーでは敷居が高すぎる、ポスターショップでは物足りないという方にぜひ、お勧めです。インテリアに合わせて、アートを飾ってみてはいかがですか?

これからもギャラリーヴィグロワとともにこちらもよろしくお願い致します。

by Owner