inakamichi01.jpg




僕は、旅することが好きで写真家になった。今日までのプロセスを振り返ると、20才のとき、1970年から1年10ケ月の間、スウェーデン/ストックホルムを皮切りにスペイン/マドリードやニューヨークでの生活で得たものは、はかりしれない。培ったイマジネーションは、今も五感のどこかに潜んでいるんだと思う。Tranquilleというフランス語にこめた憶いは、あの旅から今日まで蓄積された原風景への「静寂のなかの叫び」なのかもしれない。今回は、ジェラチン・シルバープリントにて展示いたします。
中道 順詩




静寂は私たちを不安にさせます。人々は常に忙しく、騒がしくしていなければ気が済まないとでも言いたげに。何かをすることに執着するあまり、間というものを排除してしまうのでしょう。その結果、行間を読むことができなくなり、対人関係の空気を読み取ることもできず、相手を傷つけてしまうことさえあります。明と暗があるように喧騒と静寂がある。朝起きて、喧騒の一日が始まり、夜になると静寂が訪れる。時には、テレビも音楽も人々の会話がなくてもいい。身体のスイッチもオフにして、誰もいない草原で目を閉じてみるといいかもしれません。きっと、風が耳元で囁き、小川のせせらぎがシンフォニーを奏で、鳥の鳴き声がリズムを刻むのです。そして、静寂はあらゆる音の複合物でもあります。Tranquilleは、フランスを起点に世界の静寂を追い求めて旅をした記録です。ギャラリーヴィグロワ 篠原英智




nakamichi02.jpg
レセプションでは、クラシックギタリストの長 裕樹さんが、生演奏を披露してくださいました。