image/noda_press01.jpg




軌跡▶奇跡▶startrails

ただの光の線が並ぶ。但し、それは永遠や全ての起源をも含む遠大な軌跡。この光を見て記録している生物はもしかしたら人類だけかもしれないし、そうではないかもしれない。そういう意味ではこの光を見ている事は奇跡。2009年の皆既日食を中国で見ました。
勿論、皆既日食を見るのは初めてで頭では理解していても実際に目の当たりにすると現実とは思えない光景です。自分が宇宙の中に住んでるという実感が湧いてきて不思議な感覚を体験することができたと思います。その後、この感覚を表現したいと思い色々な写真を撮影してきましたが
「これだ!」というものにはなかなか出会えません。ある日、連続して星を撮影したものを繋げて星の軌跡を表現してみました。空間と時間、その場所の空気や湿度。色々な物が溶け合い渾然一体となったものがそこにはありました。それから色々な場所や季節、時間、天気で星の撮影を続けてます。
誰の頭上にも輝いている星々ですが、空を見上げることって少なくないですか?私達の周りにはこんなにも美しいものに囲まれてることを感じてください、この作品で。
野田 尚之






Just a streak of stardust.
Though not infinity or a nirvana, can't help but wonder if we humans are
the only ones recording, archiving this stuff.
That makes this all the more miraculous.

I'll never forget my first total eclipse in China, 2009.
I thought I knew what to expect, but I couldn't have lean more wrong.
Suddenly, I was experiencing a sensation I never knew before :
I was at once alone and a part of a vast universe.
No longer did it take to realize I will never be the same again,
did I swear to the Heavens to devote all of my photographic talents to (covey)
this vision to my fellow brethen or this lonely planet.
Yet, it has been a long, arduous endeavor an impressible task
to reproduce in two dimensions.

Ever since, I have been relentlessly shooting the skies above.
A star here, a galaxy there, chasing the never ending Miracle,
unfolding all around our Cosmos, but never able to capture the great moment,
which I yearned to share with my fellow brethen.

Then one night I was tracing the skies above with my camera, and finally,
everything came together space and time, ambient environment humidity and all :
An accidental convergence, a message from the beyond and yonder nevertheless.
I keep try to take photos any places, seasons, time, weather conditions.

Stars are still twinkling above the all skies,
but I think don't you look up to the sky often?
Please feel it how beautiful things around us--by this works.

Naoyuki Noda




image/noda_01.jpg
点、線、面。それは、過去、現在、未来へと時空を超えていく。

ある夏の夜、人里離れた晴れた日の山奥で夜空を見上げると、宝石箱を引っくり返したような満面の天空が広がっていました。車のライトを消すと辺りは真っ暗。星はひとつの点にしか見えませんが、長時間露光で撮影するとその動きが軌跡となり、線になります。その線がさらに集まり光の面になる。今、自分が立っているこの惑星が、あの星の中のひとつであることに気付かされます。何億年も前から、この惑星の生物達もあの星空を見てきたに違いありません。この光の軌跡は、点から線へ面となる。これは、過去、現在、未来へとつながっていく時空のようにも見えるのです。
ギャラリーヴィグロワ 篠原英智