rikkedarling.jpg
Northern Lights

ノーザン・ライト、オーロラ。そうした名称自体が北国の夜空を波のように流れる光を想像させる。この整然と混ざり合う透明なエネルギーは雷光のようなパワフルな光で空を照らす。しかし、ノーザン・ライトは驚くべき静謐さで、見る者が想像しうるあらゆる色相に変幻する。このビジョンにミュージックをつけるのは私たち自身。様々な連想が心に浮かぶ。「フィンランド人の先祖からの影響で、このシリーズはノーザン・ライトというタイトルにしました。ノーザン・ライトは主に北極圏で見られます。緑生い茂る南の国々と比べたら、この地域に育つ植物は小ぶりで、自然は荒々しく大地が剥き出しです。足りない色彩を補うために、大自然がノーザン・ライトを創造してくれたのだと信じたくなります」

ノーザン・ライトの透明な色調は混じり合い、人が理性的に判別したがる明解な色にはならずに、新たな色合いに変わる。見る者はそれを受け容れ、自分自身の感情や想いに浸ることになる。「色に生命が宿るように、顔料に水とワニスを混ぜ、自然な液体の流れに任せました。人の手ではつくれない色の星座とエネルギーを生み出すのです。コントロールしようとせず運命に任せることで深遠な絵画が体験できます」

色彩豊かな光の海は見る者の視野を得て、空全体に波動を拡げる。好奇心旺盛な人なら、目を閉じることなど考えも及ばない。「しっかりコントロールしたラインとディテールを、色彩の有機的な動きと対照させています。その軽さや重力をどう捉えるかはこの絵を見て下さる方次第ですが、この絵の世界の探索には見て下さる方のリードが必要です。私が意識的に描いた要素はその探索のガイド役となるのです」 挑戦的な言語で表現されたこの絵画は、内なる宇宙の発見の旅に好んで出ようとする人々すべての心に響く。

「私のアートはどこにでも存在する対比を明確に表現するものです。そのなかに普遍なるパラドックスが見えてきます。私にとってもインスピレーションを与えてくれるジャーニーであり、私の絵を見て受けいれて下さる方にとってのインスピレーションになることを望んでいます」 日々の暮らしから受ける影響を反映して、解釈は変化する。毎日新たなディテールが出現し、絵画はパワフルなエネルギーを伴う主観的体験として、心に響き渡るのだ。




image/rikkeex01.jpg
ギャラリーではRikke Darling自ら、アートの飾り方を語ってくれました。彼女自身、自宅に自分のアートを飾り、インテリアとの調和をすごく考えていてVIGLOWAの考え方にお互いに共感しました。


image/rikkeex02.jpg
image/rikkeex03.jpg
image/rikkeex04.jpg
Rikke Darlingのお嬢さんです。4歳の彼女は、初めて見るアジア人に人見知りをして、こちらを見てくれません。でも、お人形さんみたいにとっても可愛い女の子です。リカちゃん人形をプレゼントしたら、とても喜んでくれました。


image/rikkeex06.jpg
娘のLineちゃんが、リカちゃん人形の御礼に絵を描いてプレゼントしてくれました。原宿のキディランドで買ってきた、キティちゃんのシールを貼ってあります。すでにママの血筋を引いて、将来、アーティストの予感がします。


image/rikkeex05.jpg