Rikke Darling
1975年、デンマークのコペンハーゲンで生まれる。幼い頃からの大都市暮らしと初期に出会ったアートの師たちの影響を受け、幅広い分野の絵画を探索するようになりました。しかし、このシリーズに見られる力強さとディテールへのこだわりは、そうしたアートの世界からの影響だけによるものではありません。コペンハーゲン・ファッション・デザイン・アカデミーでデザインとイラストレーションを学び、さらにコペンハーゲン・ビジネススクール、デザイン&コミュニケーション・マネジメントの修士課程で学んだ体験からも大きな影響を得ています。

安らぎを創り出す透明性、そして輪郭に光と陰を用いる手法にはファッションの世界からのインスピレーションがみられます。この特殊なゲシュタルト手法により、見る者は脳裏で作品に秘められた思想を感じとり、自分なりに解釈することができるのです。ニットやウール、毛皮や糸など、粗々しい、またはきめ細かな素材づかいでストラクチャーを確かに感じさせてくれます。入念に吟味されたディテールの豊かさはファッション界からの影響。ディテールが違いを生む好例といえるでしょう。
インテリアに合うアート

  インテリアに合うアート
     
インテリアに合うアート  

Born in Copenhagen, Denmark in 1975.
Growing up in the big city combined with early encounters with artistic mentors has provided a rich opportunity to explore painting under a wide range of influences.

But the elegant balance between powerful elements mixed with great attention to detail in this series is not only based in artistic influences. An education first in Fashion Design and Illustration from the Copenhagen Academy of Fashion Design and later an MSc in Design and Communication Management from Copenhagen Business School has its say. The inspiration from the fashion world can be seen in the transparency that creates a definite ease and in the use of light and shadow to define shapes. This particular use of the gestalt technique gives the brain room to sense the underlying idea and makes the interpretation of its own.The coarse and fine materials of cloth such as knits, wool, fur and thread inspire the sense of the structure. The carefully considered richness of details springs from the world of fashion drawing. Here it is often the detail that makes the difference.

インテリアに合うアート

イタリアのインテリア雑誌にRikke Darlingの自宅が紹介されました。

インテリアに合うアート

Rikke Darlingの自宅ダイニングルームには、キャンバスから飛び出して壁面にまでペインティングされています。



作品とその美意識について
ノーザン・ライト。オーロラ。そうした名称自体が北国の夜空を波のように流れる光を想像させます。この整然と混ざり合う透明なエネルギーは雷光のようなパワフルな光で空を照らします。しかし、ノーザン・ライトは驚くべき静謐さで、見る者が想像しうるあらゆる色相に変幻します。このビジョンにミュージックをつけるのは私たち自身。様々な連想が心に浮かびます。 「フィンランド人の先祖からの影響で、このシリーズはノーザン・ライトというタイトルにしました。ノーザン・ライトは主に北極圏で見られます。緑生い茂る南の国々と比べたら、この地域に育つ植物は小ぶりで、自然は荒々しく大地が剥き出しです。足りない色彩を補うために、大自然がノーザン・ライトを創造してくれたのだと信じたくなります」 ノーザン・ライトの透明な色調は混じり合い、人が理性的に判別したがる明解な色にはならずに、新たな色合いに変わります。見る者はそれを受け容れ、自分自身の感情や想いに浸ることになるでしょう。 「色に生命が宿るように、顔料に水とワニスを混ぜ、自然な液体の流れに任せました。人の手ではつくれない色の星座とエネルギーを生み出すのです。コントロールしようとせず運命に任せることで深遠な絵画が体験できます」 色彩豊かな光の海は見る者の視野を得て、空全体に波動を拡げます。好奇心旺盛な人なら、目を閉じることなど考えも及ばない。「しっかりコントロールしたラインとディテールを、色彩の有機的な動きと対照させています。その軽さや重力をどう捉えるかはこの絵を見て下さる方次第ですが、この絵の世界の探索には見て下さる方のリードが必要です。私が意識的に描いた要素はその探索のガイド役となるのです」挑戦的な言語で表現されたこの絵画は、内なる宇宙の発見の旅に好んで出ようとする人々すべての心に響きます。 「私のアートはどこにでも存在する対比を明確に表現するものです。そのなかに普遍なるパラドックスが見えてきます。私にとってもインスピレーションを与えてくれるジャーニーであり、私の絵を見て受けいれて下さる方にとってのインスピレーションになることを望んでいます」日々の暮らしから受ける影響を反映して、解釈は変化します。毎日新たなディテールが出現し、絵画はパワフルなエネルギーを伴う主観的体験として、心に響き渡るのです。

Statements/Aesthetics
Northern Lights. Aurora borealis. The name in itself gives rise to associations of the light that flows like waves over the night sky in the Northern regions. This orderly jumble of transparent energies flames across the sky with so much force that it should be accompanied by thunder. But the Northern Lights fill the viewer's eye with every imaginable colours which change into each other with striking silence. The music accompanying the vision is our own and a stream of thoughts naturally finds place in us. "I have given the series the name Northern Lights, because it is inspired by my Finnish ancestors. Northern Lights are seen mostly in the Northern polar circle. In these regions, the plants are smaller and the nature is almost savage and barren compared with the exuberance in more Southern countries. One is almost tempted to believe that nature has created the Northern Lights to balance the lack of colour richness." The transparent tones of the Northern Lights merge into each other and form new colour schemes without regard to colour accuracy, or the desire to form systems in the human brain. The viewer must accept and give in to the exploration of the subjective feelings and thoughts of the experience. "I give room for the colours to find their own lives by mixing pigments with water and varnishes and then let Nature take over the movements of the fluids. This creates colour constellations and energies in the paintings which cannot be created by human hand. It is in this surrender of control that the deep experiences in painting are created." The coloured sea of light in the sky vibrates across the sky requiring the companionship of the human eye. Even the thought of closing the eyes is not an option for the inquisitive mind. "My use of controlled lines and details stands in contrast to the organic movements of the colours. It is up to the individual to stop and focus on the lightness or gravity, but the full exploration of the entire painting requires that the viewer gives in to being lead. My conscious elements act as a guide in this exploration." The challenging language of the paintings speaks to all who are willing to take a journey of discovery in the internal universe. "My art articulates the contrasts that are present everywhere. A glance inside reveals the same contradictions. It is this journey that I find fascinating and that which I seek to inspire the viewer to take in my paintings." As a mirror of the influences of life the interpretations change. Each day lets new details emerge and the subjective experience of the powerful energy of the painting vibrates in the mind.

インテリアに合うアート


インテリアに合うアート


インテリアに合うアート


インテリアに合うアート



光を求めて彷徨う、生命の起源。
初めてこの絵を見たとき、キャンバスの表面に何かが発光しているような有機的な線がうごめいていて、ある種の心地良い毒気を感じました。線の行き着くところは、画面をはみ出し宇宙の果てにまで伸びて行きそうでもあります。そもそも、絵画というものが、フレームに収めてその中で表現しようとすること自体が無理なことである気がします。私は、クリエイティブな作業というものは、宇宙との交信だと思っています。果てしなく遠い世界に広がる宇宙ではなく、心の内面に向かって行くインナースペース。見る人のイマジネーションによって、どのようにでも捉えられる抽象絵画は、自己の体験が影響してきます。彼女の作品に惹き付けられる理由は、私の生まれ故郷の北国の厳しい冬を思い浮かべるからかもしれません。 約46億年前、宇宙のビッグバンより地球が誕生して最初の生命が海の中で生まれたとき、生物の最小単位である微生物が真っ暗な海の中で光を求めてうごめいていました。中世代に入り、身体の大きな恐竜が現れ氷河期へと突入しました。恐竜達は大きな身体ゆえにその寒さから自らの命を守ることができなかったのです。日中、太陽に照らされた氷は表面が少し溶けて、夜になるとまた凍る。そのわずかに溶けた氷の水滴に身を潜め、微生物達は地表の割れ目に潜り込みマグマの近くまで辿り着いて暖を取ったことでしょう。いつしか、氷河期は終わり、地表では恐竜達が絶滅したところへ、地割れの隙間を這い上がり光を求めて地表へ辿り着いたのです。 そして、この絵を見ているとこれらの微生物達のように過酷な環境から、光を求めてなんとか生き延びようとする生命の逞しさを感じます。人間も含めて、生きるということは光という名の希望を求める生き物なのかもしれなません。凍てつくような寒さの中で、私たちの祖先である微生物が光を求めて彷徨い続けるように、そのDNAがこの絵に惹き付けられるのです。 VIGLOWA 篠原 英智



The Origin of Life, Wandering About Seeking Out the Light.
I felt some kind of nice sting when I first saw this painting with its organic lines moving around, as if they were releasing lights on the surface of the canvas. The destination of the lines might be stretching out beyond the end of the universe, over the edge of the frame. I feel that it is impossible to frame the expression of a painting to begin with. I think that creative work communicates with the universe. It's not the universe that expands endlessly, but rather inner space, entering inside one's mind. Abstract paintings can be seen in any way, in the imagination of people who see them, and their perceptions are of course affected by their own experiences. For me, the reason I am attracted to this painting may be because it reminds me of the cold winters in my hometown. 4.6 billion years ago, when the Earth was formed following the big bang in the universe and when the first creatures were born in the ocean, microorganisms, the smallest size of living beings, were moving around seeking out the light in the darkness of the ocean. In the Mesozonic Era, large dinosaurs appeared, but then the Ice Age came. Due to their size, the dinosaurs could not protect themselves from the cold. The surface of the ice melts under the sun during the day, and then freezes again during the night. Microorganisms took refuge in drops of melted ice and found their way into cracks in the surface of the earth and reached to near magma and warned up. Eventually, the Ice Age was over. On the ground, the dinosaurs became extinct, but the microorganisms crawled up from the cracks of the earth, again seeking out the light and returning to the surface of the Earth.  I feel the strength of life trying hard to survive in the most severe environment, seeking out the light like those organisms. Including human beings, creatures may be living for the hope that is the light. As microorganisms, our ancestors kept wandering about, seeking out the light in the bitter cold of the Ice Age, and my attraction to this painting might just be in my DNA. Hidetoshi Shinohara, VIGLOWA

インテリアに合うアート





インテリアアート